水平ブレス

 

どうもモテキです!

最近暖かくなってきましたね!

道を歩いていると半袖の人を見かけることもあるので、衣替えも近いですかね!

季節の変わり目は体調も崩しやすいので皆さんも気を付けてください!

新型コロナウイルスもまだまだ猛威を奮っているので、こまめな水分補給と手洗いを忘れずに心がけてください!


今日はシステム天井の作業のひとつを紹介しようと思います!

これは天井の内部なのですが、使用しているボルトが長いのがわかるでしょうか?

ボルトが長いと何が起きるかというと、ボルトが衝撃でたわむことがあるんです!

衝撃が加わると横に揺れるだけでなく、上下にも揺れるということですね!

それを防ぐ為にする作業が水平ブレスというものです。

大体は1500㍉以上のボルトに施工する作業です。

画像のようにブレス材と呼ばれるものを横に流します。

そして、横に流したブレス材に揺れを押さえるブレスを取り付けて完成となります。

単純な作業ではありますが、これをすることによって天井の上下の揺れを押さえられると考えると、とても重要な作業ですよね。


一般的に建築現場でどんな作業をしているのか、どんな風に建物が出来上がっているのか、知っている人は少ないのではないでしょうか?

自分もこの仕事をするまでは全く知りませんでした。

未だに知らないことだらけでもあります。

少しでも誰かに興味をもってもらえると嬉しいので、これからも少しずつどんな仕事をしているのか紹介していけたらと思います!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

株式会社SEEDは事業拡大に伴い、求人募集をしております。


安定した職に就きたい!


稼ぎたい!


都内で働きたい!


手に職を付けたい!


いつか独立を考えている!


上記に一つでも該当する方はお気軽にお問い合わせください。


未経験者OK/経験者優遇/やる気のある人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★